兵庫県立芦屋高等学校あしかび会

会長就任のご挨拶

尾原健太(21期)

「あしかび会」会員の皆さまにはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は同窓会活動に格別のご支援ご協力を賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
大仁 洋会長のご退任に伴い、会長就任を拝命いたしました尾原健太でございます。
芦屋高校卒業後、早稲田大学に入学とともに上京し、(株)サン・デザインに就職後も、東京を生活基盤として約30年間過ごしてきました。阪神・淡路大震災で高齢の両親が住む年代ものの自宅を崩壊させ、再建すると同時に、高校・中学・小学校そして幼稚園に通う子供たち4人とともに芦屋に引越し、仮設住宅から引き返してきた両親を含め8人の大家族での新しい生活をはじめましたが、芦屋高校そして同窓会と、まったく顧みぬままの忙しいサラリーマン生活でした。5年ほど前に、荊妻と定年退職記念の旅行を楽しむ先のホテルに、“芦屋高校21期生の理事をやれ”との突然の電話。「事務方は、同期生の情報収集に努め完璧に把握できているから安心されたし」との言葉に励まされ、少しは暇になるので、恩返しの意味も含めて同窓会の世話役でもやるかと、なにも解らぬままに安易に引き受け、“なんでお前が、代表理事や!”とさんざん言われながらも、21期生の同窓会を110名の参加者とともに楽しみました。そして今回、“あしかび会”同窓会全体の会長をとのお言葉。芦屋高校の約28,800人の卒業生は、まさに世界中いたるところで活躍され、それこそ功なり名を遂げた、だれもが名前を知る方々がおられます。 
“なんで、俺が?” ただただ、びっくり仰天。まさに“晴天の霹靂”でした。
阪神・淡路大震災から20年が経過し、街並みは震災前の姿を取り戻したかに見える神戸の街も、周辺都市の大規模都市開発には、追随できていない状況です。“山と海に恵まれた美しき港町”神戸・三宮の更なる活性化を求めて、神戸の都心の未来の姿【将来のビジョン】創りに参加することを最後の仕事として選択し、神戸・三宮センター街の事務局で、毎日が非常に忙しい業務に取り組んでいます。
芦屋が好きで、芦屋高校がいつまでも光輝く元気な高校であってほしいと切実に感じる中で、約3万人の同窓生のために、果たして何ができるのか?
諸先輩そして歴代会長が築いて来られたあしかび会の重責に身が引き締まる思いを感じております。未熟者ではございますが、同窓諸兄姉のご指導ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。
あしかび会の執行部と今後の取り組みについてご説明させていただきます。
平成24年に河合整一郎氏が会長に就任されて以来、執行部を中心として「あしかび会活動の再活性化」に取り組んで来られました。「あしかび会誌」もデザインが一新され、紙面のカラー化された大判の冊子は、ずいぶんと読みやすくなりました。「IT化」の推進も成果をあげ、同窓会名簿の管理と同窓会会費の納入状況の把握も事務局で把握できるように改善されました。ホームページの充実も軌道に乗り、世界中で活躍される同窓生の活動状況がタイムリーに紹介されています。
このような中、新しいあしかび会執行部は、副会長に、藤野春樹氏(26期)・麻木邦子氏(30期)・青山 暁氏(34期)の3名の方々に就任をお願いし、財務理事には、危機的な状況を呼びかけ、財務の健全化を全力で推進されている高野久子氏(35期)に継続して取り組んでいただきます。「芦高」の更なる躍進のためには、芦高・PTA・同窓会(あしかび会)の三つの組織の緊密な連携が必要となります。その何より大切な“扇の要”の事務局長に、従来よりあしかび会の活動に精通されている乾 隆氏(25期)に就任をお願いし、従来からの仲・東野・小西各氏とともに執行部事務局としての機能を最大限発揮できる体制創りを目指します。それに加え、新たに、あしかび会の一員であり現在芦高に勤務する現役の先生方を校内理事として、淺堀・齋藤・松本・石塚4名の先生方を迎え、芦高の現場と同窓会の絆を深める体制基盤を大仁洋会長に整備いただきました。
兵庫県立芦屋高等学校あしかび会会則第2条(目的)「本会は、同窓会相互の親睦を厚くし、共助を図り、あわせて母校の興隆発展に資することを目的とする」の理念を大切にし、ますます会員相互のコミュニケーションを活発化し、若い世代の参加そして次世代の若い人達への継承こそが、今後の課題だと感じます。
通学区域が神戸市・芦屋市・淡路島を含む大きな学区となった今、“単位制”の特色や、
なによりも伝統ある素晴らしき芦屋高校を発信し、“グローバル社会に求められる芦高の推進に取り組む現場”とともに、メンバー全員で取り組んでまいります。
最後になりましたが、兵庫県立芦屋高等学校の益々の発展とあしかび会員皆さまのご健勝とご多幸を祈念し、新任のご挨拶とさせていただきます。