芦高生の活躍:書道部 谷田紗緒梨さん全国高等学校総合文化祭・2019さが総文に出品(7月27日~8月1日 佐賀県唐津市)

第43回全国高等学校総合文化祭(2019さが総文)は、大会テーマ『創造の羽を広げ 蒼天へ舞え バルーンの如く』のもと、佐賀県で7月27日から8月1日まで開催されます。

芦高書道部の谷田紗緒梨さんの作品が、7月27日(土)~31日(水)の5日間、書道部門の会場である唐津市文化体育館に各都道府県の代表として推薦選抜された高校生の優秀作品と並んで展示されます。
谷田さんの全国高等学校総合文化祭出場を祝して、芦高グラウンドのフェンスに横断幕が掲げられました。

2019さが総文ホームページ:https://sagasoubun.jp/main/3027.html

カテゴリー: 一般投稿, 芦高生の活躍 | 芦高生の活躍:書道部 谷田紗緒梨さん全国高等学校総合文化祭・2019さが総文に出品(7月27日~8月1日 佐賀県唐津市) はコメントを受け付けていません。

33期「還暦お祝いの会」(9月15日開催)、43期「50歳記念同窓会」(8月11日開催)のご案内

今年8月~9月に開催される33期と43期の学年同窓会のご案内を再び掲載します。
見出しの下のURLをクリックすると、詳しいご案内がご覧になれます。

◎33期生「還暦お祝いの会」のご案内(9月15日 ホテル竹園芦屋)

http://ashikabi.org/wordpress/?p=10499

 

◎43期生「50歳記念同窓会」開催のご案内(8月11日 ホテル竹園芦屋)

http://ashikabi.org/wordpress/?p=10398

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 各期同窓会, 2019年開催の各期同窓会 | 33期「還暦お祝いの会」(9月15日開催)、43期「50歳記念同窓会」(8月11日開催)のご案内 はコメントを受け付けていません。

20期生 斎藤和代さんの作品「踞る」が日本新工芸展で入選!(7月23~28日 京都市美術館別館)

工芸作家 斎藤(渡辺)和代さん(芦高20期生・美術部OG)が第41回日本新工芸展の本展入選者に選ばれました。斎藤さんの裂織の作品『踞る』(うずくまる)は、5月の東京・国立新美術館の本展に続いて、7月23日から28日まで京都市美術館別館で開催される京都展で展示されます。

【日本新工芸展・京都展のあらまし】

☆会 期:2019年7月23日(火)~28日(日)
☆時 間:9時~17時 (入館は16時30分まで)
☆入場料:600円(学生は無料)
☆会 場:京都市美術館別館
☆所在地:京都市左京区岡崎最勝寺町13
(地図をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

カテゴリー: 一般投稿, 個展情報, 卒業生の活動 | 20期生 斎藤和代さんの作品「踞る」が日本新工芸展で入選!(7月23~28日 京都市美術館別館) はコメントを受け付けていません。

芦高生の活躍:兵庫県高等学校選抜書道展に書道部4人が入賞!(7月10日~13日 兵庫県民会館)

兵庫県内の高校書道部の優秀作品・県下ベスト40作品を一堂に集めて、7月10日(水)から兵庫県民会館で開催される「第27回兵庫県高等学校選抜書道展」に芦高書道部4人の作品が入賞しました。

【芦高書道部の入賞者】
谷田紗緒梨(3年) 爲金奈々加(3年) 石田 瞳(2年) 原 愛実(2年)

◎芦高以外の学校と入賞者数

県立須磨東:8人 武庫川女子大附属:4人

(3名入賞)県立高砂南 県立須磨友が丘 県立明石南 県立姫路別所
(2名入賞)県立兵庫 神戸市立神港橘 県立伊川谷北
(1名入賞)県立出石 県立八鹿 県立姫路商業 県立加古川西 県立西脇
県立神戸鈴蘭台

◎書道部3年 谷田紗緒梨さんの作品は、7月27日(土)から佐賀県唐津市で開催される2019さが総文第43回全国高等学校総合文化祭(書道部門)で、各都道府県の代表として推薦、選抜された優秀作品とともに展示されます。

【選抜書道展のあらまし】

☆日 時:令和元年7月10日(水)~13日(土)10時~17時

但し、10日は13時から、13日は15時まで

☆会 場:兵庫県民会館1階 特別展示室(入場無料)

☆所在地:神戸市中央区下山手通4丁目16-3

☆交 通:神戸市営地下鉄 県庁前駅から1分 JR・阪神 元町駅から北へ約7分

 

 

カテゴリー: 一般投稿, 芦高生の活躍 | 芦高生の活躍:兵庫県高等学校選抜書道展に書道部4人が入賞!(7月10日~13日 兵庫県民会館) はコメントを受け付けていません。

25期生 川島令三さんの新著「関西圏 鉄道事情大研究(ライバル鉄道篇・将来篇)」をあしかび会にご寄贈!

鉄道アナリスト川島令三さん(芦高25期生・鉄道研究部OB  早稲田大学非常勤講師)が新著「関西圏 鉄道事情大研究」の『ライバル鉄道篇』と『将来篇』を草思社から出版、このほどあしかび会にご寄贈いただきました。

芦高鉄研の頃から関西の鉄道事情に精通する川島さんが、100年を超えて熾烈な競争を繰り広げるJR(国鉄)と私鉄の最新情報を興味深く分析されています。

◎『ライバル鉄道篇』目次はじめに
(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

◎『将来篇』目次はじめに


◎川島さんはテレビ番組でも「鉄道ハカセ」の博識ぶりを披露されています。

最近では、2018年10月18日放送の毎日放送テレビ「コトノハ図鑑#13鉄道コトノハ」に出演されました。
(次のURLをクリックすると番組のあらましがご覧になれます。)
http://ashikabi.org/wordpress/?p=9490

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 25期生 川島令三さんの新著「関西圏 鉄道事情大研究(ライバル鉄道篇・将来篇)」をあしかび会にご寄贈! はコメントを受け付けていません。

芦高生の活躍:野球部 中井 駿主将が選手宣誓 初戦は宝塚西高と対戦!(7月6日 高校野球 県大会開会式 11日 初戦)

6月25日、明石市民会館で開催された抽選会で今年夏の甲子園・第101回全国高等学校野球選手権大会兵庫大会4回戦までの組合せが決定、7月11日(木)芦高の初戦の対戦相手は宝塚西高校です。

また、7月6日(土)11時から姫路のウインク球場(市立姫路球場)で行われる開会式では、芦高野球部の中井 駿主将(3年)が晴れの選手宣誓を行うことが決まりました。中井主将は「第101回の名に恥じないように、堂々と選手宣誓をしたい」と語っています。

◎姫路・ウインク球場での選手宣誓
(画面をクリックすると拡大されます。)

次のURLをクリックすると中井主将の選手宣誓が動画でご覧になれます。

https://www.youtube.com/watch?v=yUB5TWZiQAs

【中井主将の選手宣誓全文】


6月25日(火)夕方のNHKニュースで県大会の組合せと選手宣誓をする芦高の中井主将のインタビューそして芦高野球部が昭和27年全国制覇していることが放送されました。

(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)



◎初戦の宝塚西高との試合(7月11日午前10時から尼崎市のベイコム野球場)
芦高は5-2で快勝し、5年ぶりに初戦を突破しました。

◎次の3回戦は、7月16日(火)尼崎ベイコム野球場で武庫之荘総合高と対戦、試合当初は芦高が3-1でリードし、よく健闘したものの延長10回3-8で敗れました。


(JR尼崎駅から西へ約700m)

 

カテゴリー: テレビ・ラジオ出演, 一般投稿, 芦高生の活躍 | 芦高生の活躍:野球部 中井 駿主将が選手宣誓 初戦は宝塚西高と対戦!(7月6日 高校野球 県大会開会式 11日 初戦) はコメントを受け付けていません。

芦高生の活躍:書道部3年 大野詩織さん 全国高校生大作書道展で大作優秀賞に!(2019年6月 東京都美術館)

東京・上野の東京都美術館で6月15日から21日まで開催された第13回全国高校生
大作書道展に出展した芦高書道部3年 大野詩織さんの作品『張遷碑』が大作優秀賞に選ばれました。

◎大野詩織さんのコメント

今回、第13回全国高校生大作書道展にて大作優秀賞を頂くことができました。私自身、180×480cmという大きなサイズの臨書作品に挑戦すること自体、初めての経験でした。

実際に東京都美術館で展示して頂いているのを見ると、他の高校生の作品と比べてまだまだ未熟な部分も沢山見つけることができました。この大作書道展の会場に足を運んだからこそ、その作品の迫力や力強さを感じることが出来たと思います。一緒に上京してくれた申子先生と母、そして一緒に作品を書いてきた仲間に感謝しています。

また、外国の方や今は東京在住で兵庫出身の方など、多くの人と私の書を通じてお話出来たことがすごく嬉しくて印象に残っています。

たった一つの書でも見る人によって観点も違うし、文化が違えば見方も変わるということを肌で感じることが出来ました。

今回の経験を生かして、高校最後の書の甲子園に向けて良いスタートを切ろうと思います。本当にありがとうございました。

75期書道部副部長 大野詩織

【全国高校生大作書道展とは】

全国の高校生を対象として、若者の情熱溢れる「書の大作」(縦180㎝・横240㎝以上)を募集するもの。芸術教育の一環として、日本の伝統文化を愛し、「書」を通して若者の感性と創造性を磨き高めて、健全な精神の育成と個性の伸長を図るとともに、全国の「書」を愛好する高校生同士の文化交流の機会にすることを目的に、平成19年から毎年開催されている。

第13回目の今年は全国の43高校から231人の応募があり、14点の優秀作品が文部科学大臣賞、大作大賞、大作準大賞、大作優秀賞に選ばれた。

主催;公益財団法人 独立書人団

後援:文部科学省、毎日新聞社、全国書道連盟、毎日書道会

 

 

 

カテゴリー: 一般投稿, 芦高生の活躍 | 芦高生の活躍:書道部3年 大野詩織さん 全国高校生大作書道展で大作優秀賞に!(2019年6月 東京都美術館) はコメントを受け付けていません。

関西テレビ「雨上がりのフォトぶら:芦屋を散策」に芦高卒業生の会社・かね徳が登場!(6月22日午後6:30~ )

あしかび会常任理事の東村具徳さん(芦高39期生 硬式野球部OB)経営の株式会社
かね徳が6月22日(土)午後6時30分から放送の関西テレビの人気番組「雨上がりのフォトぶら」に登場、かね徳芦屋工房の絶品珍味の数々が紹介されます。

22日の番組のタイトルは『元阪神・下柳剛と芦屋を散策!コスパ抜群の名店が続出』、レギュラ-の雨上がり決死隊(宮迫博之・螢原徹)&馬場園 梓(アジアン)と特別ゲストの下柳 剛(元タイガース投手)がJR芦屋駅からスタート、芦屋の個性あるお店を紹介します。

「雨上がりのフォトぶら」番組ホームページ: https://www.ktv.jp/photobura/

 

株式会社かね徳ホームページ: https://www.kanetoku.co.jp

 

カテゴリー: テレビ・ラジオ出演, 一般投稿, 卒業生の活動 | 関西テレビ「雨上がりのフォトぶら:芦屋を散策」に芦高卒業生の会社・かね徳が登場!(6月22日午後6:30~ ) はコメントを受け付けていません。

9期生 喜志哲雄さん 兵庫県の「県勢高揚功労」表彰を受ける(2019年5月29日 兵庫県公館)

英米演劇の研究者として著名な喜志哲雄さん(芦高9期生 京大名誉教授)が、5月29日(水)神戸市中央区の兵庫県公館において挙行された兵庫県功労者表彰式で、兵庫の名を高めた功績により井戸敏三知事から「県勢高揚功労」表彰を受けられました。

(紙面をクリックすると拡大されて記事が読めます。) 

喜志さんはシェイクスピアやハロルド・ピンターなど英米演劇研究で多くの著作を発表されるとともに、兵庫県立尼崎青少年創造劇場(ピッコロシアター)運営委員会委員長としてピッコロシアターの運営に指導的役割を果たしてこられました。

喜志さんは、2000年に兵庫県の「文化功労」表彰、2009年に兵庫県文化賞を受賞されています。

☆2009年兵庫県文化賞受賞者として兵庫県芸術文化協会ホームページに掲載された
喜志哲雄さんのプロフィールより(抜粋)

2つの顔を持つ。
1つは日本での英米演劇研究をリードする京都大学名誉教授。
もう1つは兵庫県立尼崎青少年創造劇場(ピッコロシアター)などの運営について
中心的立場で指導助言にあたる演劇評論家。
「芝居が好き。
生の舞台を大抵の同業者よりも多く観ていると思います。
これまでに観た芝居は国内外あわせ5千本を超えました」
詩人で作詞家だった父・邦三さんの影響もあってか文学少年。
 芦屋高校時代、シェイクスピアやモリエールの戯曲を読破し、
京大に入ってからは劇場通い。
京大を卒業後、米国・コロンビア大学大学院に留学すると観劇ざんまいに。
ロンドン郊外まで出かけて観たハロルド・ピンターの戯曲『管理人』に
〝強烈な印象を受けた〟と喜志さん。ピンターは、05年にノーベル文学賞を受賞した
英国演劇界の鬼才です。

 

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 叙勲 表彰関係 | 9期生 喜志哲雄さん 兵庫県の「県勢高揚功労」表彰を受ける(2019年5月29日 兵庫県公館) はコメントを受け付けていません。

20期生 斎藤和代さん 第57回兵庫工芸展に出展!(6月19日~23日  原田の森ギャラリー)

工芸作家として活躍されている斎藤(渡辺)和代さん(芦高20期生・美術部OG)が、神戸市灘区の兵庫県立美術館・原田の森ギャラリーで開催される第57回兵庫工芸展に織物作品『巡る季節 私は何処へ』を出展されます。

☆会 期:2019年6月19日(水)~23日(日)

☆時 間:10時~18時(入場無料 23日は16時まで)

☆会 場:兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー(電話:078-801-1591)

☆所在地:神戸市灘区原田通3丁目8-30

☆交 通:阪急王子公園駅から西へ約6分 JR灘駅から北へ約10分

原田の森ギャラリーのホームページ:http://hyogo-arts.or.jp/harada/company.html

◎また、7月に京都市で開催の第41回日本新工芸展に斎藤さんの本展入選作品『踞る』が展示されます。

カテゴリー: 一般投稿, 個展情報, 卒業生の活動 | 20期生 斎藤和代さん 第57回兵庫工芸展に出展!(6月19日~23日  原田の森ギャラリー) はコメントを受け付けていません。

26期幹事団 春の遠足(2019年6月 姫路)

26期幹事団、今年の春の遠足は姫路に行ってきました。

まずは、バス、ロープウェイに乗って、書写山円教寺へ。
ラストサムライ等の映画のロケ地にもなったことでも有名で、広い境内は、西の比叡山といわれるだけあって、パワーを感じるお寺です。お昼は円教寺会館で、精進料理をいただきました。

山を下りて姫路城で集合写真を撮りました。お城に入ると長い廊下、蹴上の高い階段を上ったり下ったり、昔の人は足が長かったのかしら?()

三宮に戻って、夕食反省会で話題に出た来春の同窓会の概要が決まりましたので
お知らせします。 (26期生 藤野)

☆日 時:2020年2月8日㈯13時より

☆場 所:ホテル阪急エクスポパーク(太陽の塔が見える宴会場です)

 

カテゴリー: 26期同窓会のお知らせ, 一般投稿, 卒業生の活動, 各期同窓会 | 26期幹事団 春の遠足(2019年6月 姫路) はコメントを受け付けていません。

43期生 伊藤 舞さんが芦屋市長(第22代)に就任!(令和元年6月11日)

平成31年4月の統一地方選挙で芦屋市長に当選した伊藤 舞さん(芦高43期生・水泳部OG)が令和元年11日に市役所に初登庁し、第22代芦屋市長に就任、市民の負託を受けて国際文化住宅都市・芦屋のかじ取りを担われます。

☆広報あしや(6月15日号)の表紙

(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

【参考:芦屋国際文化住宅都市建設法】

☆広報あしや(6月15日号)4~5頁には、芦屋市の前身・精道村の歴史を紹介した特集『精道村発足から130年』が掲載されています。



 

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動 | 43期生 伊藤 舞さんが芦屋市長(第22代)に就任!(令和元年6月11日) はコメントを受け付けていません。

第71回記念祭『芦虹 ~終わらせ71(ない)僕らの青春~』いよいよ開幕!(6月15日9時~15時)

芦高生のパワーが発揮される恒例の第71回記念祭が6月15日(土)9時から15時まで開催されます。(6月14日(金)は生徒が対象で卒業生は入場できません。)
ご来場される方は、上履きと身分証明書をご持参ください。

☆記念祭プログラムの一部をご紹介します。

(プログラムの画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)




 

 

カテゴリー: 一般投稿, 芦高生の活躍 | 第71回記念祭『芦虹 ~終わらせ71(ない)僕らの青春~』いよいよ開幕!(6月15日9時~15時) はコメントを受け付けていません。

芦高生の活躍:書道部が兵庫県高等学校教育振興会のポスターに登場!(2019年6月)

兵庫県内の高校生への奨学金貸与、海外留学支援などの事業を行う公益財団法人 兵庫県高等学校教育振興会の全国大会参加生徒支援事業のポスターに芦高書道部が登場しました。

この写真は、平成31年1月2日、そごう神戸店2階のサンファーレ広場で華やかに行われた芦高書道部の新春書初め書道パフォーマンスの場面です。

◎兵庫県高等学校教育振興会のホームページ:

http://www.pure.ne.jp/~syougaku/shien2_zenkoku.html

◎書道部 阪急百貨店うめだ本店で書道パフォーマンス(6月9日)

芦高書道部は、令和元年6月9日(日)大阪梅田の阪急百貨店10階スークにて、父の日と禅をテーマに書道パフォーマンスを披露し、大変好評でした。

芦高オフィシャルブログに阪急百貨店での書道パフォーマンスの様子が多くの写真とともに紹介されています。

次のURLをクリックするとご覧になれます。

https://www2.hyogo-c.ed.jp/weblog2/kenashi-hs/?p=8530

カテゴリー: 一般投稿, 芦高生の活躍 | 芦高生の活躍:書道部が兵庫県高等学校教育振興会のポスターに登場!(2019年6月) はコメントを受け付けていません。

芦高ESS 令和初のOBOG会を開催!(6月1日 かごの屋芦屋店)

令和になって初めてのESS OBOG会を、6月1日に、かごの屋芦屋店に於いて開きました。女性10人、男性6人が集いました。食べたり飲んだり、おしゃべりしたり、趣味の話から、日常の悩みまで語り合い、時間を忘れて楽しいひとときを過ごしました。

今までは2年ごとの集いでしたが、来年からは毎年集まることになりました。
尚、話し合ってラインを交換する事になりました。皆さん嬉しいのか夜中までラインを楽しんでいるようです。  (23期 澤 義光)

 

カテゴリー: ESS部, 一般投稿, 卒業生の活動, 各部OB・OG会, 文化部OB・OG会 | 芦高ESS 令和初のOBOG会を開催!(6月1日 かごの屋芦屋店) はコメントを受け付けていません。

令和元年春の叙勲など 芦高関係の受章者は2名

5月21日に発表された令和元年春の叙勲ならびに平成30年11月3日に発表された第31回危険業務従事者叙勲について、芦高関係の受章者は次の2名の方々です。
栄えあるご受章をお慶び申し上げます。

【瑞宝双光章】

・高木正皓先生(教育功労 元芦高の体育の先生・昭和46年~平成2年在職)

・27期生:遠藤 聰さん(消防功労 元宝塚市消防監)

 

*この他にも受章者がおられましたら。あしかび会事務局までご連絡ください。

カテゴリー: 一般投稿, 叙勲 表彰関係 | 令和元年春の叙勲など 芦高関係の受章者は2名 はコメントを受け付けていません。

元芦高の先生 田辺眞人さん 放送文化基金賞を受賞!(7月2日 ホテルオークラ東京)

元芦高の社会科の先生 田辺眞人さん(芦高在職 昭和46~55年・史学研究部顧問 園田学園女子大学名誉教授)は、長年にわたる地域放送への貢献により公益財団法人放送文化基金の第45回放送文化基金賞を受賞されると6月5日に発表がありました。贈呈式は、2019年7月2日(火)ホテルオークラ東京で行われます。

☆贈呈式会場での田辺眞人先生

田辺先生はNHK神戸放送局の番組「新兵庫史を歩く」の講師を18回務められているほか、NHKラジオ「新聞を読んで」やラジオ関西「まっこと!ラジオ」にも出演し、人気を博しておられます。

業績内容・選考理由】(放送文化基金の記者発表資料から)

◎田辺先生の受賞コメント(ラジオ関西のホームページから)

(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

放送文化基金賞とは
公益財団法人放送文化基金が毎年、
「視聴者に感銘を与え、放送文化の発展と向上に寄与した優れた番組」「放送文化、放送技術の分野での顕著な業績をあげた個人・グループ」を対象に放送文化基金賞を贈呈し表彰する。

◎田辺先生が出演された「第32回 新兵庫史を歩く  歴史と文学が奏でるまちの旋律~芦屋市~」(2017年11月放送)の番組紹介(あしかび会ホームページより)

つぎのURLをクリックするとご覧になれます。

http://ashikabi.org/wordpress/?p=7042

◎このほか、田辺先生が監修された写真アルバム「神戸の150年」(2017年発行)の紹介(あしかび会ホームページより)

つぎのURLをクリックするとご覧になれます。

http://ashikabi.org/wordpress/?p=7825

 

カテゴリー: 一般投稿, 叙勲 表彰関係 | 元芦高の先生 田辺眞人さん 放送文化基金賞を受賞!(7月2日 ホテルオークラ東京) はコメントを受け付けていません。

33期生 還暦お祝いの会のご案内(9月15日 ホテル竹園芦屋)

昭和53年卒業の皆さま! いよいよ節目の年を迎えるにあたり、「還暦お祝いの会」を行います。50歳同窓会から早くも10年、令和の時代となりましたが、あの昭和を語り合いましょう!

■日 時:2019年9月15日() 16:00~19:00(受付:15:30~)
*これまでのご案内では終了時刻が18時となっていますが、正しくは19時です。

■場 所:芦屋 ホテル竹園 飛鳥の間

■会 費:7000円を予定しています。

■詳しい案内と出席確認は下記にアクセスして下さい。

◎案内①:LINEグループ「県芦33回生グループ」

友達からの招待が必要なので個別にご連絡下さい。

◎案内②:Facebookグループ「県芦’78卒組」

https://www.facebook.com/groups/kenashi78/

◎出席確認:伝助「県芦33期生 還暦同窓会」

https://densuke.biz/list?cd=TxfFrbauWtspPzsT

☆懐かしい先生方にもお声がけをいたしております。

ハガキによるご案内と出欠確認は行わない予定です。

ご不明点は、上記のSNSまたは下記までお問い合わせください。

■お問い合わせ:

中村宏之 [3-J] hiro_nakamura@yahoo.co.jp  0774-72-6544(TEL/FAX)

磯野(木代)靖子 [3-B] yisono1681@gmail.com  0797-32-1681(TEL/FAX)


(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

 

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 各期同窓会, 2019年開催の各期同窓会 | 33期生 還暦お祝いの会のご案内(9月15日 ホテル竹園芦屋) はコメントを受け付けていません。

平成最後の芦五会の開催報告(平成31年4月26日 ホテル竹園芦屋)

5期生の三上一郎さん(あしかび会常任理事)から、毎年4月恒例の芦五会の開催報告と写真があしかび会事務局に届きました。(画面をクリックすると拡大されます。)

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 各期同窓会, 2019年開催の各期同窓会 | 平成最後の芦五会の開催報告(平成31年4月26日 ホテル竹園芦屋) はコメントを受け付けていません。

9期東京同期会の開催報告(令和元年6月1日 東京・日比谷) 

卒業後65年を経て同期生14名が東京日比谷で集いました。

東京同期会は30数年前に上田泰さん(故人)、栗原和雄さんなどが中心になって始められ、以後毎年欠かさず行われております。

今年はこの1年間に亡くなった樫田雅亮さん、竹内瑛さんに黙とうを捧げて始まり、3時間ほど歓談いたしました。 大阪から加藤芳一さん、愛媛県松山市から藤田銑一郎さんが日帰りで参加してくださいました。(写真をクリックすると拡大されます。)

◎来年も同じ場所で6月6日(土)に開催することにしております。

☆日 時:      令和2年6月6日(土) 12時~

☆場 所: 千代田区有楽町1-1-1 日生劇場地下1階「春秋ツギハギ」

遠方の方も、初めての方もご参加お待ちしております。
一瞬のうちに高校時代に戻れますよ。

◎問い合わせ先:
北村 毅  090-3137-4663 t_kitamura@nifty.com

花尻 恭子 090-2908-5509 hanajiris@rhythm.ocn.ne.jp

 

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 各期同窓会, 2019年開催の各期同窓会 | 9期東京同期会の開催報告(令和元年6月1日 東京・日比谷)  はコメントを受け付けていません。