兵庫県立芦屋高等学校あしかび会

あしかび会会長就任のご挨拶 尾原 健太(21期)

「あしかび会」会員の皆さまにはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は同窓会活動に格別のご支援ご協力を賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
大仁 洋会長のご退任に伴い、会長就任を拝命いたしました尾原健太でございます。
芦屋高校卒業後、早稲田大学に入学とともに上京し、(株)サン・デザインに就職後も、東京を生活基盤として約30年間過ごしてきました。阪神・淡路大震災で高齢の両親が住む年代ものの自宅を崩壊させ、再建すると同時に、高校・中学・小学校そして幼稚園に通う子供たち4人とともに芦屋に引越し、仮設住宅から引き返してきた両親を含め8人の大家族での新しい生活をはじめましたが、芦屋高校そして同窓会と、まったく顧みぬままの忙しいサラリーマン生活でした。5年ほど前に、荊妻と定年退職記念の旅行を楽しむ先のホテルに、“芦屋高校21期生の理事をやれ”との突然の電話。「事務方は、同期生の情報収集に努め完璧に把握できているから安心されたし」との言葉に励まされ、少しは暇になるので、恩返しの意味も含めて同窓会の世話役でもやるかと、なにも解らぬままに安易に引き受け、“なんでお前が、代表理事や!”とさんざん言われながらも、21期生の同窓会を110名の参加者とともに楽しみました。そして今回、“あしかび会”同窓会全体の会長をとのお言葉。芦屋高校の約28,800人の卒業生は、まさに世界中いたるところで活躍され、それこそ功なり名を遂げた、だれもが名前を知る方々がおられます。 
“なんで、俺が?” ただただ、びっくり仰天。まさに“晴天の霹靂”でした。
阪神・淡路大震災から20年が経過し、街並みは震災前の姿を取り戻したかに見える神戸の街も、周辺都市の大規模都市開発には、追随できていない状況です。“山と海に恵まれた美しき港町”神戸・三宮の更なる活性化を求めて、神戸の都心の未来の姿【将来のビジョン】創りに参加することを最後の仕事として選択し、神戸・三宮センター街の事務局で、毎日が非常に忙しい業務に取り組んでいます。
芦屋が好きで、芦屋高校がいつまでも光輝く元気な高校であってほしいと切実に感じる中で、約3万人の同窓生のために、果たして何ができるのか?
諸先輩そして歴代会長が築いて来られたあしかび会の重責に身が引き締まる思いを感じております。未熟者ではございますが、同窓諸兄姉のご指導ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。LinkIcon続きはこちら

あしかび会再活性化委員会報告

平成25年1月26日の臨時常任理事会・理事会において、IT推進分科会・会則改定分科会・財務分科会の3つが発足しました。
その後、会誌編集委員会が発足しました。各分科会とも会合を重ねておりますので、現在までの経過をご報告いたします。

財務分科会

ご承知のように、あしかび会会費の納入率が年々減少傾向をたどり、財務状況の危機に陥っています。このような事態が続くと、あしかび会の活動に支障をきたし、会自体の存続も危ぶまれます。 その対策として、 1.会費の納入額をふやす  まずできることとして、「あしかび会会費納入のお願い」のチラシ(納入用紙付)を印刷し、同期会・クラブOB会などが開催される都度配布をお願いしました。 その結果、平成25年7月25日現在で 50人 304,000 円の納入をいただいております。 2.平成25年度予算の見直し  支出科目ごとの見直しをしました。特に大きく減額をした項目としては、会誌発行費の減額です。従来会誌を年2回発行していましたが、25年度より夏号年1回とし、新年号(会費納入者のみに発送)は休刊としました。一方、ホームページを立ち上げ、内容を充実し、タイムリーな情報を発信していく予定です。  会誌の作成費用については、従来すべて外部に丸投げしていたものを、会誌編集委員会において記事収集及び編集を行い、印刷のみを外注することにより、作成費用がかなり減額となります。 今後も財務内容の健全化に向けて、議論を重ねてまいります。会員皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


会則改訂分科会

IT化推進と時代の流れに従い、平成14年10月に改定された現行あしかび会会則上の改訂すべきポイントの検証などを洗い出し、種々の議論を重ねています。 会計年度と役員任期の整合性・あしかび会活動の円滑な運営のためのバックボーンとなる会則の検証も併せ行っています。 少し時間はかかるかもしれませんが、よりよきあしかび会活動のために叡智を集め次年度理事会に上程、審議をしていただく案つくりに努めています。


IT化推進分科会

平成25年1月26日臨時理事会で承認をうけた、あしかび会事務局のIT化促進のために会員名簿管理用パソコン1台・事務局通信用パソコン2台(内1台は、ホール・会議室での使用も考慮しノートパソコン)を購入。有線LANはもとより、無線LANを導入する事によりプリンター等の共有化を実現。また事務促進のために各種IT機器を購入しました。 4月には事務局独自に我々の会員名簿の管理が可能になりました。 一人でも多くの同窓生とのコミュニケーションを円滑・迅速に深めて行きたいと考え、独自ドメインによるEメールアドレスも取得しました。(Eメール jimukyoku@ashikabi.org) 今後はあしかび会のホームページ内容の充実化に向け努力を重ねてまいります。 多くの同窓生の方々のご協力をお願いする次第です。


ページの先頭へ

平成27年度卒業式 式辞

式  辞


 校庭の西側に面する通りの桜並木が、花芽を膨らませ始めました。今年はやや暖かかった冬がもう終わりを告げようとしております。今日の佳き日に、多くのご来賓の皆様方にご臨席を賜り、第六十八回卒業証書授与式を挙行できますことに、心よりお礼を申し上げます。
 ただ今、卒業証書を授与しました三百二十名の皆さん卒業おめでとうございます。また、いつも皆さんを見守り、育ててこられました保護者の皆様、お子様のご卒業を心よりお祝い申し上げます。

 みなさんに二つの話をします。
 みなさんの記憶にも新しいと思いますが、昨年英国で行われたワールドカップにおいて日本のラグビーチームが、二度の優勝経験を持つ南アフリカを破って「W杯史上最も衝撃的な結果」「スポーツ史上最大の番狂わせ」と世界を驚かせました。
 小柄な日本選手が、大きな外国人選手をタックルで倒す姿に感動をしました。エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は、「体格で劣り、守り切れないからこそ、日本ラグビーの活路は攻撃にある」と宣言し、世界一という練習量でチーム力を高め、最後のペナルティーの場面では、リーチ・マイケルキャプテンが、「同点で良しではなく、勝ちたかったから」とスクラムを選択し、歴史的勝利につながりました。
 桜ジャパンの活躍は衝撃的でしたが、私がびっくりしたことは、ラグビーでは三年間以上滞在している外国人選手もその国の代表として出場できるということです。三十一名中十名の外国出身選手がジャパンとして活躍をしてくれました。日本の選手と支え合って、先頭になってチームを引っ張る姿に感動すると共に、グローバル社会の到来を実感させました。国籍の違いではなく、今、日本のために活躍してくれる人は、広い意味で「日本選手」と呼んでも良いのではないでしょうか、二〇一九年に開催される日本大会に向けてラグビーが盛り上がっていますが、グローバルという意味でも日本の文化を変えていくきっかけになると注目をしています。グローバル・コミュニケーションとは、英語力だけでは無く、互いの文化を認め合い、自分から進んで交わろうとする力だと思います。皆さんも、ぜひ、チャンスをつかんで、世界で活躍してもらいたいものです。

 また、昨年の十二月には、梶田隆章博士が、ニュートリノが質量を持つことを解明したことでノーベル物理学賞を、大村智博士が開発されたイベルメクチンは抗寄生虫薬として何億人もの人を救ったという功績でノーベル生理学・医学賞を受賞されました。
 梶田先生の発見は、大気ニュートリノのうちミュー型が予想より少ないことを見つけたことに始まります。「最初は、ソフトの間違いだと思ったが、一年以上かけてチェックして論文を書いた」と述べられています。
 大村先生は、「奇跡の薬」が静岡から生まれた理由を、「たまたま」と表現されましたが、「全国各地で、一年に二五〇〇株は採取する。菌を培養して評価するが、たいていの菌は活用できない。その繰り返し。大変な作業なんです」と話されました。
 梶田先生、大村先生の成果は、偶然の発見をそのままにしないで、チャンスとばかりに追求された成果です。日本人としてノーベル化学賞をとられた白川英樹先生、田中耕一先生も、実験の失敗が大発見につながったと話されています。白川先生はこう話されています。「ノーベル賞をいただく研究のきっかけになった失敗実験を、よく観察していなかったならば、単なる失敗として葬り去られただろう」と。新しい試みに失敗はつきものです。しかし、その失敗の中には、さまざまなデータが満ち溢れています。それを観察し分析し、新たな工夫をすることで世紀の発見が生み出されたのです。
 私は理科の実験や料理が大好きです。それは、いくら詳しい実験書やレシピ本があっても、つくってみなければ、わからないからです。教科書のとおりにしたのに、うまくいかないことが良くあるのです。それは、ちょっとした勘違いだったり、気温の違いだったりするのです。なぜ、うまくいかなかったのか。くやしい。考えてみようと色々やってみて、こつがわかってくるのです。このこつがノウハウです。このノウハウは、教科書には書かれていない、だから楽しいのです。

 さて、みなさんがこれから踏み出す社会を、これからの未来を、先に知ることはできません。皆さんが実際に体験して、学んでいくしかないのです。未知のものにチャレンジし、失敗から学ぶ姿勢を常に持ち続けてください。
 そして、いつまでも芦高の卒業生であることに、自信と誇りを持って、チャレンジし続けてくれることを期待しています。

最後になりましたが、保護者の皆様には、この三年間、本校の教育活動にご理解、ご支援をいただきありがとうございました。
 また、ご来賓の皆様には、今後とも卒業生を暖かく見守ってくださるとともに、本校の教育活動にご理解とご支援をくださいますようにお願いを申し上げ、式辞といたします。

平成二十八年二月二十七日

兵庫県立芦屋高等学校
校長 岡田 学