著書」カテゴリーアーカイブ

25期生 鳥居真知子さんの著書「ピラカンサの実るころ」のご紹介

児童文学作家として活躍されている鳥居(伊藤)真知子さん(芦高25期生・文芸部OG )が2017年9月に上梓され、あしかび会にご寄贈いただいた著書「ピラカンサの実るころ」の出版広告が、このほど朝日新聞1面・天声人語の下に掲 … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 25期生 鳥居真知子さんの著書「ピラカンサの実るころ」のご紹介 はコメントを受け付けていません。

16期生 五十野和男さん編著の「日本の少年団運動 資料に見る黎明期のスカウティング」をあしかび会にご寄贈(2020年2月)

1952年から70年近くボーイスカウト運動で活躍されてきた五十野和男さん(芦高16期生)が、2018年に自費出版された「日本の少年団運動 資料に見る黎明期のスカウティング」と付属のCDをこのほどあしかび会にご寄贈いただき … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 16期生 五十野和男さん編著の「日本の少年団運動 資料に見る黎明期のスカウティング」をあしかび会にご寄贈(2020年2月) はコメントを受け付けていません。

25期生 川島令三さんが「首都圏鉄道事情大研究(観光篇)」を草思社から出版、あしかび会にご寄贈(2020年2月)

鉄道アナリストとして執筆活動やテレビ出演などでご活躍の川島令三さん(芦高25期生 鉄道研究部OB)が、このほど「首都圏鉄道事情大研究(観光篇)」を草思社から出版され、あしかび会にご寄贈いただきました。 本書は、2019年 … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 25期生 川島令三さんが「首都圏鉄道事情大研究(観光篇)」を草思社から出版、あしかび会にご寄贈(2020年2月) はコメントを受け付けていません。

22期生 藤本清二郎さん 明治の外務大臣・陸奥宗光の書簡を発見(1月27日 NHKニュース)

歴史学者として活躍されている藤本清二郎さん(芦高22期生 第18代自治会長 和歌山大学名誉教授)が、明治時代に外務大臣や農商務大臣を歴任し不平等条約の改正に辣腕を振るったとされる陸奥宗光の書簡を発見され、1月27日朝のN … 続きを読む

カテゴリー: テレビ・ラジオ出演, 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 22期生 藤本清二郎さん 明治の外務大臣・陸奥宗光の書簡を発見(1月27日 NHKニュース) はコメントを受け付けていません。

25期生 川島令三さんが最新刊「首都圏鉄道事情大研究(将来篇・ライバル鉄道篇)」(草思社)をあしかび会にご寄贈!(2019年12月)

著名な鉄道アナリスト川島令三さん(芦高25期生 鉄道研究部OB 早稲田大学非常勤講師 全国鉄道利用者会議顧問)が2019年12月に最新刊「首都圏鉄道事情大研究」の将来篇とライバル鉄道篇を草思社から発行され、あしかび会にご … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 25期生 川島令三さんが最新刊「首都圏鉄道事情大研究(将来篇・ライバル鉄道篇)」(草思社)をあしかび会にご寄贈!(2019年12月) はコメントを受け付けていません。

20期生 梶村太一郎さん 雑誌「世界」2020年1月号に寄稿

ベルリン在住の国際ジャーナリストとして活躍されている梶村太一郎さん(芦高20期生・ドイツ外国人記者協会会員)が、東西ドイツの統一から30年を迎える今日のドイツ社会について考察したレポート『統一30年―危機と対峙するドイツ … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 20期生 梶村太一郎さん 雑誌「世界」2020年1月号に寄稿 はコメントを受け付けていません。

12期生 増田彰久さんが新著「英国貴族の城館」を河出書房新社から出版、あしかび会にご寄贈(2019年12月)

建築写真の第一人者として活躍されている増田彰久さん(芦高12期生 写真部・卓球部OB 増田彰久写真事務所主宰)がこのほど豪華写真集「英国貴族の城館」を河出書房新社から出版され、あしかび会にご寄贈いただきました。 本書は、 … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 12期生 増田彰久さんが新著「英国貴族の城館」を河出書房新社から出版、あしかび会にご寄贈(2019年12月) はコメントを受け付けていません。

8期生 生田正治さん 月刊誌「文藝春秋」10月号に寄稿!

郵政事業民営化の推進に尽力された生田正治さん(芦高8期生 元日本郵政公社初代総裁)が9月に発売された「文藝春秋」10月号に『日本郵政に「経営者」はいない』を 寄稿されました。 (画面をクリックすると拡大されて文字が読めま … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 8期生 生田正治さん 月刊誌「文藝春秋」10月号に寄稿! はコメントを受け付けていません。

25期生 川島令三さんの新著「関西圏 鉄道事情大研究(ライバル鉄道篇・将来篇)」をあしかび会にご寄贈!

鉄道アナリスト川島令三さん(芦高25期生・鉄道研究部OB  早稲田大学非常勤講師)が新著「関西圏 鉄道事情大研究」の『ライバル鉄道篇』と『将来篇』を草思社から出版、このほどあしかび会にご寄贈いただきました。 芦 … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 25期生 川島令三さんの新著「関西圏 鉄道事情大研究(ライバル鉄道篇・将来篇)」をあしかび会にご寄贈! はコメントを受け付けていません。

25期生 森岡秀人さん編著「初期農耕活動と近畿の弥生社会」が雄山閣から刊行(2018年10月)

考古学者として幅広く活躍されている森岡秀人さん(芦高25期生・史学研究部OB 関西大学大学院非常勤講師)はじめ古代学協会の研究者の近畿における弥生社会の形成過程についての研究をまとめた「初期農耕活動と近畿の弥生社会」が東 … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 25期生 森岡秀人さん編著「初期農耕活動と近畿の弥生社会」が雄山閣から刊行(2018年10月) はコメントを受け付けていません。

元芦高野球部長の伊東 糾先生追悼集「悠々院釋球宴」があしかび会の蔵書に!

芦高野球部が夏の甲子園で全国優勝した1952年(昭和27年)に県立芦屋高校に着任され、1982年(昭和57年)まで30年にわたり野球部長を務められた伊東糾先生(保健体育)の追悼集「悠々院釋球宴」(昭和61年9月刊)を、こ … 続きを読む

カテゴリー: スポーツ関係, 一般投稿, 著書 | 元芦高野球部長の伊東 糾先生追悼集「悠々院釋球宴」があしかび会の蔵書に! はコメントを受け付けていません。

芦高の淺堀 裕先生(35期生)が神戸新聞・日曜オピニオンに「被災時の学校運営、震災教訓に」を寄稿(1月13日) 

芦高の体育の先生で兵庫県震災・学校支援チーム(EARTH)の企画・研究班長として活動されている淺堀 裕さん(芦高35期生 県立芦屋高校主幹教諭・あしかび会理事)が、神戸新聞(2019年1月13日付朝刊)の日曜オピニオンに … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 芦高の淺堀 裕先生(35期生)が神戸新聞・日曜オピニオンに「被災時の学校運営、震災教訓に」を寄稿(1月13日)  はコメントを受け付けていません。

20期生 梶村太一郎さん ドイツから雑誌「世界」2019年1月号に寄稿

ベルリン在住の国際ジャーナリスト梶村太一郎さん(芦高20期生・ドイツ外国人記者協会会員)が、最近のドイツの政治情勢を考察するレポート『メルケル引退宣言と緑の党の躍進』を雑誌「世界」2019年1月号(岩波書店発行)に寄稿さ … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 20期生 梶村太一郎さん ドイツから雑誌「世界」2019年1月号に寄稿 はコメントを受け付けていません。

15期生 平松尚樹さん日本自費出版文化賞・特別賞を受賞!(2018年9月)

イラストレーターとして活躍されている平松尚樹さん(芦高15期生)が、こばやしゆかさんと共著で出版された『のり』『くれよん』『はさみ』三部作は第21回日本自費出版文化賞の特別賞に選ばれ、朝日新聞(2018年9月6日付朝刊) … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 15期生 平松尚樹さん日本自費出版文化賞・特別賞を受賞!(2018年9月) はコメントを受け付けていません。

15期生 図子善信さん「新税法理論―優しい税法―」を出版(2018年3月)

税務行政に精通され、税理士として活躍されている図子善信さん(芦高15期生 元福岡国税不服審判所長 久留米大学名誉教授)がこのほど「新税法理論―優しい税法―」を東京の成文堂から出版され、あしかび会にご寄贈いただきました。 … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 15期生 図子善信さん「新税法理論―優しい税法―」を出版(2018年3月) はコメントを受け付けていません。

25期鳥居(伊藤)真知子さん 島尾ミホと私の童話を語る

25期 鳥居真知子さんは1974年甲南大学文学部卒業。出産後、子育ての合間に童話を書き、「おはようおじさん」が三木市立図書館でビデオ化されました。1992年甲南大学大学院に入学。修了後、同大学と神戸山手短期大学非常勤講師 … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書, 講演会 | 25期鳥居(伊藤)真知子さん 島尾ミホと私の童話を語る はコメントを受け付けていません。

鉄道アナリスト 川島令三さん(25期生)【図説】日本の鉄道 全国通勤電車大解剖 上梓されました

芦屋高校在学中からテッケンのエースとして活躍、いまや日本を代表する鉄道アナリストとして活躍中の川島令三さん(芦高25期生・鉄道研究部OB 早稲田大学非常勤講師)が、今月、講談社から上梓された《【図説】日本の鉄道 全国通勤 … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 鉄道アナリスト 川島令三さん(25期生)【図説】日本の鉄道 全国通勤電車大解剖 上梓されました はコメントを受け付けていません。

元芦高の先生 田辺眞人さんが監修の「神戸の150年」(樹林舎刊)をあしかび会にご寄贈

1868年1月1日の神戸港開港から150年の神戸市のあゆみをまとめた写真アルバム「神戸の150年」が田辺眞人さん(元芦高教諭・史学研究部顧問 園田学園女子大学名誉教授)の監修により樹林舎から発刊され、このほどあしかび会に … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 著書 | 元芦高の先生 田辺眞人さんが監修の「神戸の150年」(樹林舎刊)をあしかび会にご寄贈 はコメントを受け付けていません。

11期生 野田道子さんの著作『いのち運んだナゾの地下鉄』が「箕面・世界こどもの本アカデミー賞」を受賞!(2017年11月3日)

児童文学作家として活躍されている野田(長井)道子さん(芦高11期生)の著作『いのち運んだナゾの地下鉄』(毎日新聞社刊 2012年)が、箕面市内の小学3年~6年生の投票をもとに「箕面・世界こどもの本アカデミー賞」の作品賞に … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 11期生 野田道子さんの著作『いのち運んだナゾの地下鉄』が「箕面・世界こどもの本アカデミー賞」を受賞!(2017年11月3日) はコメントを受け付けていません。

23期生久保富三夫さん 新著「教員自主研修法制の展開と改革への展望」を東京・風間書房より刊行

教育学者として活躍されている久保富三夫さん(芦高23期生 第19代自治会長 立命館大学大学院教授)がこのほど新著「教員自主研修法制の展開と改革への展望」を東京・神田の風間書房より刊行されました。 【久保富三夫さんからのメ … 続きを読む

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 | 23期生久保富三夫さん 新著「教員自主研修法制の展開と改革への展望」を東京・風間書房より刊行 はコメントを受け付けていません。