元芦高野球部長の伊東 糾先生追悼集「悠々院釋球宴」があしかび会の蔵書に!

芦高野球部が夏の甲子園で全国優勝した1952年(昭和27年)に県立芦屋高校に着任され、1982年(昭和57年)まで30年にわたり野球部長を務められた伊東糾先生(保健体育)の追悼集「悠々院釋球宴」(昭和61年9月刊)を、このほど硬式野球部OB会・翠球会の桑原一之さん(芦高18期生)からあしかび会の蔵書にとご寄贈いただきました。

この追悼集は、伊東先生と同時期に芦高の教壇に立たれた先生方(忽那凱樹、斎藤興哉、高木正皓、中谷元紀、中村昭夫、桧垣守広、森木畯一、吉田錬二郎の諸先生)が編集されました。(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

・伊東先生の写真と『退任寸感』

・写真(昭和19年~昭和60年)



・年譜(大正11年~昭和60年)

 

・はじめに(編集委員一同)

・目次

・伊東先生の俳句「さなづら」句集より(14~19頁)


・伊東 博『弟・糾を失って』より抜粋(32~33頁)

・伊東先生の寄稿『茗渓ベースボール』15号(37頁)

・あとがき(桧垣守広) 『伊東 糾先生追悼集』編集委員会

◎芦高野球部の足跡をまとめておきたいとの伊東先生の構想は、1996年(平成8年)に『翠球』(兵庫県立芦屋高等学校野球部五十年史)となって結実した。その経緯を13期生磯野伸也さんが野球部五十年史に寄稿されました。

 

カテゴリー: スポーツ関係, 一般投稿, 著書 パーマリンク