64期生吉岡美帆選手 セーリング470級世界選手権で銀メダル 2020東京五輪日本代表に内定!(8月9日 江の島ヨットハーバー)

神奈川県江の島ヨットハーバーで開催のセーリング470級世界選手権に吉田愛選手とともに出場した吉岡美帆選手(芦高64期生 ヨット部OG ベネッセ)は、8月5日から9日まで行われた12レースの合計で、イギリスチームに次ぐ総合2位となり銀メダルを獲得しました。

【女子470級の最終記録】(参加39艇)

優勝:イギリスチーム

2位:吉田・吉岡組

3位:フランスチーム

23位:宇田川・工藤組

芦高71期生の工藤彩乃選手(ヨット部OG 日大 ヤマハ)は宇田川真乃選手(ヤマハ)とともに出場し、23位と健闘しました。

日本セーリング連盟オリンピック強化委員会の規定により、吉田・吉岡組は2020東京五輪の日本代表選手に内定しました。前回のリオデジャネイロ大会に続き2大会連続オリンピック出場の快挙です。(画面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)



カテゴリー: スポーツ関係, テレビ・ラジオ出演, 一般投稿, 卒業生の活動 パーマリンク