18期生 熊野以素さんの著書「九州大学生体解剖事件七〇年目の真実」が原案の終戦ドラマ『しかたなかったと言うてはいかんのです』のご案内(8月13日 NHK)

2019年まで豊中市議会議員として活躍された熊野(上野)以素さん(芦高18期生 史学研究部OG)が2015年に出版された「九州大学生体解剖事件 七〇年目の真実」(岩波書店)を原案にしたNHKの終戦ドラマ『しかたなかったと言うてはいかんのです』(主演:妻夫木聡 蒼井優)が、8月13日(金)夜10時から放送されます。
ドラマで妻夫木聡が演じる医学部助教授の鳥居太一は、熊野さんの伯父 鳥巣太郎氏が
モデルです。 卒業生の皆様どうぞご覧ください。

☆放送日時:8月13日(金)夜10時からNHK総合テレビ

☆出演:妻夫木 聡 蒼井 優 永山絢斗 鶴見辰吾 若村麻由美ほか

《熊野さんからのメッセージ》

ドラマのタイトルの意味は? 終戦直前、九大で行われたアメリカ人捕虜の生体実験。
反対したが止められなかった伯父は「戦争だから仕方がなかったのではないか」と問いかけるライターに対して「どんなことでも自分さえしっかりしておれば阻止できるのです、しかたがなかったなどと言うてはいかんのです」と答えました。詳しくは NHKホームページをご覧下さい。

【番組ホームページ】


(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

【西日本新聞 2021年8月11日】

(画面をクリックすると拡大されます。)

【ドラマの原作「九州大学生体解剖事件・七〇年目の真実」】

(著者のまえがき)

(画面をクリックすると拡大されます。)

《書評:松木武彦氏》(2015年6月7日 読売新聞書評欄)

《朝日新聞「ひと」欄》

カテゴリー: テレビ・ラジオ出演, 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 パーマリンク