平昌オリンピックめざす芦高生 三原舞依選手と坂本花織選手の絆が新聞に(6月28日)

2018年の平昌オリンピックをめざす三原舞依選手(芦高3年 神戸PFSC)と同じく神戸出身の坂本花織選手(神戸野田高2年 神戸FSC)の二人の絆が朝日新聞(6月28日付朝刊スポーツ面)に大きく紹介されました。
(画面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

6月23日、日本スケート連盟は平昌オリンピックを前に来季序盤の国際大会に出場するフィギュアスケートの主な選手を発表しました。三原舞依選手はオータム・クラシック(9月 カナダ・モントリオール)とチーム対抗戦のジャパンオープン(10月さいたまスーパーアリーナ)に出場することが決まり、オータム・クラシックには、男子フィギュアの羽生結弦選手も出場します。また、坂本花織選手はアジアンオープン杯(8月 香港)とUSインターナショナルクラシック(9月 米国)に出場します。

カテゴリー: 一般投稿, 芦高生の活躍 パーマリンク