25期生 森岡秀人さんが箸墓古墳を語る森岡歴史塾のご案内(9月22日)

考古学者として幅広く活躍されている森岡秀人さん(芦高25期生・史学研究部OB・関西大学大学院非常勤講師・橿原考古学研究所共同研究員)が、邪馬台国女王・卑弥呼の墓ではないかと注目されている箸墓古墳について語る森岡歴史塾が芦屋で開催されます。
平成25年2月20日には陵墓を管理する宮内庁が初めて認めた箸墓古墳の立ち入り調査に、森岡さんは日本考古学協会理事(陵墓担当)として参加され、マスコミ各社の取材にも対応されました。
また、森岡さんも登場する奈良県明日香村の『高松塚古墳発掘物語』のビデオが当日あわせて公開されます。

☆日 時:平成29年9月22日(金)14時~17時

☆会 場:芦屋市民センター別館2階 公民館218室(定員60名)

☆所在地:芦屋市業平町8-24(JR・阪神 芦屋駅 阪急 芦屋川駅から約8分)

☆テーマ:『卑弥呼女王の墓か?箸墓古墳内部秘蔵記録全公開!』

☆講 師:森岡秀人氏

☆参加費:300~500円程度

☆お申込み・お問合せ:

森岡歴史塾幹事 藤川090-3034-4500(携帯)または

仲谷090-5675-5592(携帯)まで

(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

 

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 講演会 パーマリンク