11期生 故児玉隆也氏がNHKTVの番組 探検バクモン「発掘!雑誌図書館」で紹介されました(9月13日) 

9月13日夜放送の人気番組・探検バクモンでは、78万冊の蔵書を誇る雑誌専門の図書館「大宅壮一文庫」を大宅映子氏の案内で、司会の爆笑問題(太田光・田中裕二)とゲストの田原総一朗氏やデヴィ夫人が訪ねました。

番組の中で「大宅壮一文庫」の資料検索を活用して歴史的スクープ記事が書かれたことが紹介されました。時の田中角栄首相の金脈を暴く『田中角栄研究』を評論家・立花隆氏が執筆、また田中首相の人脈を暴く『淋しき越山会の女王』をルポライター・児玉隆也氏が執筆、どちらも雑誌「文藝春秋」(1974年11月号)に掲載されて大反響を呼び、これが田中内閣の退陣につながったと言われています。

故児玉隆也氏(芦高11期生・第7代自治会会長)は早稲田大学卒業後、光文社に入社し週刊誌「女性自身」の編集を担当、1972年同社を退職後ジャーナリストとして活躍。『淋しき越山会の女王』のほか『この三十年の日本人』『一銭五厘たちの横丁』などを発表、1975年肺がんで入院し闘病記『がん病棟の九十九日』を「文藝春秋」(1975年6月号)に寄稿、38歳で早世されました。

次に、「芦高十五年史」(1955年発行)に児玉さんが芦高自治会長として寄稿された『創立十五周年を迎えて』を掲載します。
(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 パーマリンク