元芦高の先生 田辺眞人さんが講師のNHKテレビ番組「新兵庫史を歩く(芦屋市)」(11月18日放送予定)

あしかび会特別会員の田辺眞人さん(元芦高史学研究部顧問 園田学園女子大学名誉教授)が講師をされるNHK神戸放送局の人気番組「第32回 新兵庫史を歩く 歴史と文学が奏でるまちの旋律~芦屋市~」が、約120名の視聴者の参加を得て、10月28日に芦屋の街を舞台に収録されました。

明治・大正時代の洋風建築と東洋風建築の特徴を折衷した芦屋仏教会館や近代文学を代表する作品のひとつ「細雪」、そして文豪谷崎潤一郎ゆかりの地を訪ねる企画です。
【芦屋仏教会館】建築家片岡安の設計で昭和2年建築。近代建築にインド仏教風の意匠を取り入れた外観が評価されて、平成29年11月17日、国の文化審議会から「登録有形文化財」に登録するよう答申された。

この番組は、兵庫県内向けに11月18日(土)午前10:05~10:45 NHK総合テレビで放送予定です。
番組ホームページでは、見学コースの説明と収録当日の様子が写真でご覧になれます。

番組ホームページ:https://www.nhk.or.jp/kobe/hyogoshi/ashiya/index.html

(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

◎なお、田辺先生は11月18日正午から、東京・新橋の第一ホテル東京地下1階『エトワール』で開催されるあしかび会関東支部大会に、灘本道博先生とともにゲスト恩師として出席されます。

カテゴリー: 一般投稿 パーマリンク