芦高生 三原舞依選手 日本女子歴代最高記録を超える147.83点で堂々2位!(フィギュアスケート ジャパンオープン2017)

10月7日さいたまスーパーアリーナで開催された日本・欧州・北米の3地域対抗の「フィギュアスケート ジャパンオープン2017」に日本代表として出場した三原舞依選手(芦高3年 シスメックス所属)は完璧な演技をみせ、フリー競技で自己が持つ日本歴代最高得点(146.17点)を超える147.83点をマークしメドベージェワ選手(ロシア 152.08点)に次いで堂々2位になりました。

地域対抗の結果は、1位:欧州(615.35点)2位:日本(614.93点)  3位北米:(572.95点)です。

 

(画面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

【女子選手の成績】

1位:メドベージェワ(ロシア) 152.08点

2位:三原舞依   (日本)  147.83

3位:ザギトワ   (ロシア) 145.28

4位:長洲未来   (アメリカ)134.69

5位:本田真凛   (日本)  133.41

6位:カレン・チェン(アメリカ)116.32

◎このあと、三原選手はグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯、同第5戦フランス杯に出場の予定で、平昌オリンピックに向けて更なる活躍が期待されます。

あしかび会の皆さまのご声援をよろしくお願いします。

(画面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

 

カテゴリー: 一般投稿, 芦高生の活躍 パーマリンク