73期生 三原舞依選手クープ・ド・プランタンで見事優勝!(3月18日 ルクセンブルク)

2月に芦高を卒業したばかりの三原舞依選手(芦高73期生 シスメックス)は、3月
16~18日に欧州ルクセンブルクで開催されたフィギュアスケート国際大会「クープ・ド・プランタン2018」に坂本花織選手、白岩優奈選手とともに出場、215.49点をマークし見事優勝。坂本選手は2位、白岩選手は3位で日本代表選手が表彰台を独占しました。

【日本代表選手の成績】

優勝:三原舞依 215.49(SP:72.98 フリー:142.51)

2位:坂本花織 202.56(SP:73.27 フリー:129.29)

3位:白岩優奈 181.79(SP:65.67 フリー:116.12)

カテゴリー: スポーツ関係, 一般投稿, 卒業生の活動 パーマリンク