73期生 三原舞依選手フィギュアスケートGPシリーズNHK杯4位と健闘!(11月10日 広島)

今年9月ドイツで開催されたネーベルホルン杯で銀メダルを獲得した三原舞依選手(芦高73期生 シスメックス)は、11月9・10日の両日、広島県立総合体育館で開催のグランプリ(GP)シリーズ第戦NHK杯に初出場、ロシアのトゥクタミシェワ選手に次いで第4位と健闘しました。

【NHK杯・主な女子選手の記録】

優勝:紀平梨花     224.31

2位:宮原知子     219.47

3位:トゥクタミシェワ 219.02

4位:三原舞依     204.20

◎関西テレビ(フジテレビ系列)で11月11日(日)夜放送のスポーツニュース S-PARKでインタビューされた三原選手は「一つ一つ集中してSP FSパーフェクト!! まずは緊張しなくなるまで練習します!」と決意を語っています。

◎朝日新聞スポーツ面(2018年11月9日付朝刊)では、NHK杯に出場する三原選手の公式練習での好調ぶりを紹介しています。
(画面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

【三原選手の次の出場予定】

11月22日~25日:グランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯

主な出場選手:三原舞依、紀平梨花、本田真凛

 

カテゴリー: スポーツ関係, テレビ・ラジオ出演, 一般投稿, 卒業生の活動 パーマリンク