芦高生の活躍:書道部 ”書の甲子園”第27回国際高校生選抜書展で近畿地区優勝に輝く!(2018年11月27日)

芦高書道部は”書の甲子園”の愛称で呼ばれる「第27回国際高校生選抜書展」に応募、団体の部で栄えある近畿地区優勝に輝きました。
個人の部では、海外を含めて14,458点の応募作品の中から優秀賞(全国で45名)に今城永深さん(3年)、秀作賞(全国で138名)に為金奈々加さんと大野詩織さんが選ばれました。入選には兵庫県下で最も多い12名の芦高生が選ばれました。

なお、近畿地区優勝は、武庫川女子大附属高校と並び同点優勝です。

書道部顧問の狩谷申子先生は「芦屋高の新しい伝統を作り続けてほしい。来年こそは全国優勝します。」と目標を語られています。

毎日新聞(2018年11月30日付兵庫版)に、芦高書道部の活躍の様子と写真などが掲載されました。(紙面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

◎入賞入選者の作品は、新春1月29日(火)から2月3日(日)まで大阪市天王寺区の大阪市立美術館で開催される「第27回国際高校生選抜書展」(書の甲子園)に展示されます。

 

カテゴリー: 一般投稿, 芦高生の活躍 パーマリンク