なつかしい芦高新聞・芦中新聞が読めるようになりました

芦屋高校創立80周年にちなみ、あしかび会館に保管されている平成2年までの芦高新聞、昭和の芦高新聞そしてルーツとなる昭和22年(1947)発刊の芦中新聞の紙面を平成から遡って順次公開します。

卒業生の皆さまの高校時代を思い起こすよすがとなれば幸いです。(あしかび会事務局)

*上のイラストの⑤富田砕花旧居は、富田砕花が入居する以前、昭和9年(1934年)に文豪谷崎潤一郎が松子夫人と婚礼を挙げた屋敷で、小説『猫と庄造と二人のをんな』の舞台とされています。(ウイキペディアより)

◎平成2年

芦高新聞239号(1990.2.13)

上をクリックすると平成2年2月13日発行の芦高新聞がご覧になれます。

◎平成元年

芦高新聞238号(1989.7.20) (記念祭特集)

芦高新聞237号(1989.6.22) (定期戦特集 演劇部引退公演)

芦高新聞236号(1989.5.15) (新入生特集 新任・離任紹介など)

(紙面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

☆『新聞部はどうして生まれたか』・・「芦笛」創刊号(昭和23(1948)年発刊)

☆「芦高十五年史」にみる芦高新聞の生い立ち

*『はじめは壁新聞』の筆者、馬渕良俊さん(芦高5期生  出版部OB・故人)は、産経新聞東京本社論説委員を務められました。

◎昭和63年

芦高新聞235号(1988.11.30) (40回記念祭  ヨット部/演劇部 名物先生:古川、坂本)

芦高新聞234号(1988.7.8) (定期戦特集 大学合格状況)

芦高新聞233号(1988.5.24) (新任・離任特集 自治会予算など)

◎昭和62年

芦高新聞232号(1987.11.10) (記念祭 出版部サマースクール 名物先生:前田)

芦高新聞231号(1987.6.18) (定期戦特集 大学合格状況など)

芦高新聞230号(1987.5.12) (新任・離任 1年生から見た芦高 名物先生:赤松、小山)

◎昭和61年

芦高新聞229号(1986.12.9)(記念祭特集 新体育館着工 名物先生:井上、建)

芦高新聞228号(1986.5.31) (定期戦特集 名物先生:山瀬、三井)

芦高新聞227号(1986.5.13) (新運動部室着工 名物先生:藤井、小西 大学合格状況  部説「芦高と自由」 新任・離任紹介など)

◎昭和60年(芦高新聞第223号・第226号は保管されていません。)

芦高新聞225号(1985.12.24) (バックトゥザ記念祭 鏡の向こうの芦高 追悼児玉洋介さん)

芦高新聞224号(1985.12.10) (37回記念祭特集)

芦高新聞222号(1985.6.25) (定期戦特集 身体測定結果 6・7月行事)

芦高新聞221号(1985.5.15) (見直そう芦高 新任・離任 大学合格状況)

*昭和50年代の芦高新聞は次回掲載予定

 

カテゴリー: 一般投稿, 芦高の歴史 パーマリンク