7期生 奥田貞人さんの著書『「丹後王国論」と豊受大御神』をあしかび会にご寄贈

実業界で活躍された奥田貞人さん(芦高7期生)は、会社を退職後2011年に放送大学大学院に入学され、故郷の丹後のロマンあふれる歴史と伊勢神宮(外宮)に祀られている豊受大御神についての研究成果を修士論文にまとめられました。
本書は、この修士論文に自ら撮影された写真を追加編集して2016年5月に出版されたもので、この度、あしかび会にご寄贈いただきました。

%ef%bc%97%e6%9c%9f%e7%94%9f%e3%80%80%e5%a5%a5%e7%94%b0%e8%b2%9e%e4%ba%ba%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e8%91%97%e6%9b%b8

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 パーマリンク