1952年夏の甲子園 芦高優勝のヒーロー植村・本屋敷両選手が朝日新聞に登場!(5月31日)

1952年(昭和27年)8月、甲子園球場の第34回全国高等学校野球選手権大会決勝戦で大阪府代表の府立八尾高校と対戦、悲願の優勝を勝ち取った芦高野球部のエース植村義信投手(8期生 元日本ハム監督)と本屋敷錦吾選手(9期生 東京六大学とプロ野球で活躍)が、朝日新聞(2018年5月31日付阪神版)に連載中の「兵庫100回のキセキ」③に登場、甲子園の思い出とその後の人生を語りました。
(画面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

夏の甲子園芦高優勝についての写真と記事は、あしかび会ホームページにも掲載しています。次のURLをクリックするとご覧になれます。

http://ashikabi.org/wordpress/?p=4105

 

カテゴリー: スポーツ関係, 一般投稿, 卒業生の活動 パーマリンク