73期生 三原舞依選手 フィギュアスケート・ネーベルホルン杯でザギトワ選手に次いで第2位に!(9月28日 ドイツ)

2018年9月28日、ドイツ・バイエルン州オーベルストドルフで開催されたフィギュアスケートの国際大会ネーベルホルン杯に出場した三原舞依選手(芦高73期生 シスメックス)は、209.22点を記録しロシアのザギトワ選手に次いで第2位となり、今シーズン国際大会初戦で好スタートを切りました。
三原選手は2016年のネーベルホルン杯で優勝しています。

【JOCのホームページ】

(画面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

【主な選手の記録】

1位 アリーナ・ザギトワ   238.43 (SP 79.93 FS 158.50)
2位 三原舞依                  209.22 (SP 70.94 FS 138.28)
3位 ルナ・ヘンドリックス   204.16(SP 71.50 FS 132.66)
4位 マライア・ベル         188.97(SP 70.02 FS 118.95)
5位 アシュリー・リン        181.21 (SP 59.45 FS 121.76)
6位 本田真凜                            178.99(SP 56.76 FS 122.23)

【三原選手 今後の出場予定】

☆グランプリシリーズ第NHK杯(11月 広島市)

☆グランプリシリーズ第6戦フランス杯(11月 グルノーブル)

 

 

カテゴリー: スポーツ関係, 一般投稿, 卒業生の活動 パーマリンク