「アサヒスポーツ編 甲子園大会」(昭和23年度全国高等学校野球選手権大会特集・朝日新聞社刊)をご寄贈いただきました

このほど、兵庫県朝来市生野町の藤原幸男様より昭和23年(1948年)朝日新聞社発行の「アサヒスポーツ編 甲子園大会」をご寄贈いただきました。内容は、芦高野球部が出場した昭和23年8月に開催された夏の甲子園・高校野球大会出場校の紹介、大会展望と優勝候補の予想などです。以下に主な内容を紹介します。

昭和21月の戦後初の第28回大会に続いて昭和23年夏の甲子園第30回大会に出場した兵庫代表の芦屋高校は、1回戦で紀和代表の強豪和歌山県立桐蔭高校と対戦4-6で敗れました。

【「アサヒスポーツ編甲子園大会」の主な内容】
(紙面をクリックすると拡大されて記事が読めます。本文中の傍線はあしかび会事務局で入れました。)

◎1ページ:目次、「若き生命の誇り」(飛田穂洲)

飛田穂洲(1886~1965):早稲田大学野球部出身、朝日新聞記者、戦後の高校野球復活に尽力 1960年野球殿堂入り 『一球入魂』という言葉を残す。

◎2~3ページ:集う新鋭・古豪二十三校 各地予選のあとをたどる(芥田武夫)

芥田武夫(1903~1987):旧制姫路中学校卒、早稲田大学野球部で飛田穂洲の後輩、朝日新聞記者、プロ野球近鉄パールズ監督・球団社長 1988年野球殿堂入り

◎9ページ:代表校の横顔:兵庫代表 芦屋高校 渋味のある打陣 打たせて取る有本投手

◎27ページ:大会出場校並に優勝校(第1回~第30回大会)

1915年(大正年)の第1回大会(予選に71校参加)から1948年(昭和23年)の第30回大会(予選に1256校参加)までの全出場校と優勝校の名前を掲載

昭和21年に芦屋中学、昭和23年に芦屋高校の名前が見える。

◎28~30ページ:「23代表いかに斗うか 本社記者大会展望対談」

芦高野球部に触れた部分は28・29ページの各2段目と30ページ4段目。30ページの写真は、神戸二高(現兵庫高)と対戦した兵庫予選優勝戦で芦高が得点した場面です。



 

◎裏表紙:美津濃の広告

☆『翠球』(兵庫県立芦屋高等学校野球部五十年史)より抜粋☆
(画面をクリックすると拡大されて文字が読めます。)

◎昭和23年の芦高野球部の皆さん(野球部五十年史65ページなど)
【写真の中列左から】
橋本修三さん:芦屋中学野球部主将(3期生)
阪部由松校長:第2代学校長(芦屋中学・芦屋高校)
岸 仁先生:芦屋中学・芦屋高校野球部長


◎第30回大会兵庫予選の記録(野球部五十年史66ページ)

◎第30回全国高校野球選手権大会の記録(野球部五十年史67ページ)

 

 

カテゴリー: スポーツ関係, 一般投稿, 芦高の歴史 パーマリンク