11期生 故児玉隆也氏の著書「淋しき越山会の女王」の紹介記事について(3月31日 朝日新聞夕刊)

ジャーナリストとして活躍された故児玉隆也氏(芦高11期生 第7代芦高自治会長)が1974年に月刊誌「文藝春秋11月特別号」に寄稿、大きな反響を呼び時の田中角栄内閣の退陣につながったといわれる『淋しき越山会の女王』(岩波現代文庫版)の紹介記事が2021年3月31日付朝日新聞夕刊「時代の栞」に掲載されました。

(紙面をクリックすると拡大されて記事が読めます。)

 

【「淋しき越山会の女王」抜粋】

あしかび会会員の中江 伸さん(芦高12期生)から、月刊誌「文藝春秋」(1974年11月特別号)をあしかび会館の蔵書にとご寄贈いただきました。

*誌面をクリックすると拡大されます。朱線部分は紹介記事に引用された箇所です。

【11期生 故児玉隆也氏についてあしかび会ホームページに掲載した記事】

タイトルの下のURLをクリックするとご覧になれます。

◎ジャーナリスト故児玉隆也氏の活躍が毎日新聞「メディアの戦後史」で紹介
(2019年)

http://ashikabi.org/wordpress/?p=10365

◎故児玉隆也氏がNHKの番組:探検バクモン「発掘!雑誌図書館」で紹介
(2017年)

http://ashikabi.org/wordpress/?p=7021

◎故児玉隆也氏原作「一銭五厘たちの横丁」が演劇「百枚めの写真」として神戸で上演(2016年)

http://ashikabi.org/wordpress/?p=4818

 

カテゴリー: 一般投稿, 卒業生の活動, 著書 パーマリンク